思いがけない日焼け

元々肌が弱いので、シミの元になる紫外線には気を付けていました。

紫外線が強くなる春先から、紫外線100%カットの日傘を差し、腕には手の甲まで隠れる紫外線99%カットの黒いアームカバーをし、日焼け止めは必須。

夏の熱い日でも、決してスカートや丈の短いパンツなどは履かず、常に脚が隠れるパンツを履き、サンダルなんて履かず、常に靴下を履いてスニーカーや脚が隠れる靴を履き、サングラスをかけて外出。

ごくたまにスカートなどを履いた時は脚に日焼け止めをたっぷり塗りたくってからストッキングを履いていました。

どんなに暑くても、汗が吹き出そうとも、とにかくシミを作りたくない一心でした。

しかし40代になってから、急激に顔や身体のシミが一気に増え始め、今まで無かった所にまでうっすらとシミができていて、気がつけばそれが濃いシミになっている事が多くなりました。

シミは見た目年齢を上げてしまうので、自分でも随分と老けた様な気がして凹みました。

衝撃だったのは去年、真夏に一日中外にいなければいけない仕事の時です。

朝から日陰とはいえ、ほとんど一日中外にいました。

日焼け止めとファンデーションを何度も塗り直しながら1日過ごしたのですが、家に帰って来てすぐ洗面所の鏡を見たら、眉毛の下の一部が真っ赤に腫れて水膨れになっていました。

1日中メガネをかけて仕事をしていたので、メガネのレンズで日焼けしたようでした。

しかも日が経つにつれ、その赤色の水ぶくれがみるみる大きなシミに変わってしまったのはあまりもショックな出来事でした。

毎日夜にフルーツをたっぷり食べたり、ビタミンCのサプリメントを飲んだり、シミ用の化粧品を塗ってみたりしましたが、全く変化が現れなかった為、皮膚科に行きシミ取りをしてもらうハメになりました。

シミ取りをするとかさぶたになるので、隠したかったのですが、場所が目の上なだけに隠しようが無く、皆に「どうしたの?」と聞かれるので、いちいち説明しなければならず、面倒でした。

シミ1つで病院に行かなければならないなんて、はじめての出来事でしたが、ある程度年齢を重ねると病院に頼るようになるのかなぁ?と思いました。

まさかメガネのレンズで日焼けしてこんな事になるとは夢にも思わなかったです。

自分しか気にならない小さいシミ

私はシミが気になりだしたのは、30歳を過ぎてからです。

10代20代と日焼け止めを塗らず、日焼けサロンで肌を焼いていた事もありました。若かしき頃のシミが30時を過ぎてから一気に出てきてしまった様な感じです。

ですが、メイクをしてまだ消せるシミだったので、気になり始めてからはしばらくの間は放置していました。

ですが、年々歳を取る度にシミがメイクでも隠れなくなり、クリニックでレ-ザ-治療法でシミを焼いてもらう事にしました。

クリニックでは、焼くほどのシミではないけど、気になるのなら焼きましょうと言われ治療されました。

部分麻酔をされ、針の様なので刺された様なチクッとした痛みは多少ありましたが、治療はすぐに終わりました。

しばらくすると赤みがかさぶたになり、かさぶたが取れて綺麗にシミがなくなりますと言われました。

最初は少し痛みはありましたが、シミが綺麗になくなるのならと我慢しました。

しばらく経ってかさぶたができ、かさぶたが取れました。

取れてしばらくして様子をみたのですが、レ-ザ-で取ったシミは治療する前と全く変わらずシミが消える事はありませんでした。

他の人からみたら気にならないくらいのシミだったので、やる必要なかったのかなと思います。

それからシミが薄くなる商品なども使用してみましたが、全く効果はなかったです。

年齢が増すごとに増える

シミは年齢が増すごとに段々酷くなります。

若い時にはあまり無かった人でも少しずつ増えています。

私は若い時からありました。わりと手入れをしてきたので増えてはないのですが今あるシミを薄くしたくて色々やりました。だから今あまり増えてないのだろうとは思いますが。

日に焼けたり、紫外線をたくさん浴びたりして増えてくるシミですが出来る前に防ぐ事が一番大切な対策です。

紫外線が酷い時期には外に出ない事が望ましいですが、そういう訳にはいかないので対策する事が一番になります。

対策は日焼け止めクリーム、化粧品下地、ファンデーション、女性はこのような事で防ぐ事が身近ですが男性は日焼け止めクリームくらいしか無いですが男性は化粧もしないので防ぐ対策も少ないように思いますが、男性も薄くファンデーションをつけても良いと思います。

温暖化になり排気ガスなどの排出などがあり環境も年々悪くなり一番人間が皮膚ダメージがあるような気もします。

シミは食べる物でも防げると思いますからアッサリした野菜などを食べたり水分が多い野菜を食べたりも大切だと思います。

身体の中からシミを除去するやり方も試してみる事も大切にしていけばと思います。

良い事を取り入れていけば良いと思います。

シミ対策は気長にコツコツと。

社会人になるまで、ずっと夏は真っ黒に日焼けしていました。

通学や部活もそうですが、遊びでもどんな遠い所までも自転車で出かけていたもので、みんなに「目玉だけが白くて怖い」とまで言われていたくらい日焼けしていました。

20代では、さすがにそこまでの日焼けはしませんでしたが、そもそもお肌の手入れに無頓着で、たいしたケアもせず30代に突入。

30過ぎた辺りから、急にシミそばかすが浮き上がってきて、愕然!

特にニキビ跡の部分が特に濃くなり始めて、薄いファンデーションでは隠し切れないようになりました。

それから、こうしてはいられないと、遅ればせながら、紫外線対策を開始。

外出時は帽子や日傘を使用。美白美容液も使い始めました。

美白美容液を使用していくと、全体的には肌が明るくなってきたような気はしましたが、濃いシミはなかなか消えませんでした。

気になり始めると、その部分がいつも気になってしまって、外出するのも気が滅入ってくるようになったりもしました。

そこで、シミを根本からなくすお手入れもしつつ、コンシーラーやファンデーションを駆使して、シミを隠す方法も研究しました。

各社のコンシーラーなどを使い比べ、自分にあったメイク用品が見つかると、随分と気持ちが楽になって、日々の気分も明るさを取り戻せた気がします。

やはり、女性にとって肌の悩みは大きいですね。

今は、美白美容液を丁寧に塗り込んんで、気長に手入れしています。

化粧品も大事ですが、顔の血流によってシミの見え方が変わってくることも気づいたので、まずは健康を保つように、冷えや睡眠、運動などにも気を使っています。

あと、部屋のカーテンも大事です。寝ている時は素顔なので、朝の日差しが顔にかかるようだとNGです。

意外と、家の中にいて、ノーメイク時に紫外線を浴びる機会も多いので気をつけて。

一気にシミが消えることはありませんが、気づいたら薄くなっていたりする部分もあるので、諦めないでこれからもコツコツお手入れしていきたいと思っています。