馬油クリームでシミを馴染ませています。

普段、何も考えず洗顔して、小ぎれいにしていたつもりでしたが、40歳を越えた頃に人に言われてシミというものを気になるようになりました。

飲み会の席で、顔が若いということを言われていた私はよく「いくつに見える?」と初対面の人に回答を求められることが多かったのです。

30代までは、これをやると20代に見られ、年を言うと「え?!」と言われていたのですが、40代になると「こっちから見るとイマイチで、こっちから見るといくつに見える?」と言われるようになりました。

イマイチの方向とは、シミの目立つ方だったのです。仕事が多忙な為、顔の手入れを考える、実行に踏み切ることが出来ないでいましたが、夜勤の際にシミ消しについてネットで調べました。

シミ消しのレーザー治療は多忙な為、無理。自宅で出来る方法はないかと、シミ消しクリームにたどり着きました。

即効性のある物は、ほとんどなく地道にやっていかないと効果がないようでしたが、IKKOさんのオススメの馬油クリームを塗って、シミを肌に馴染ませる方法がベストな方法に思えたので、実行に踏み切りました。

ドラッグストアで馬油クリームは500円程度で売っているリーズナブルさも背中を押しました。

顔や首に満遍なく、風呂上がりに塗り、朝の洗顔までそのままでいます。1年ほどやっていますが、肌のしっとり感はあります。

シミは消えていませんが、一番ひどい時より目立たなくなったと思います。継続してやっていけば、もう少し改善できると信じて毎日塗っています。

妊娠中から目立ち始めたシミ

もともとソバカスがあり、その中にシミがあってもあまり気づいてはいませんでした。

ただ、もともとソバカスが気になっていたので使用する化粧品はずっとホワイトニングの物を美容液含め長年使用していました。

31歳で妊娠をして安定期も迎えた頃だったでしょうか。ふと、頬にソバカスではないシミと思われるものに目が止まりました。

妊娠中はホルモンの影響でメラニン色素が濃くなるとのことなので目立ったのだと思います。

その日から丁寧にホワイトニング化粧水、美容液、乳液と使用していました。しかし、妊娠中で同時バリバリに働いていたので体調の波もあり化粧を落とさないまま寝てしまったことも多かったと思います。

この様なズボラ手入れを続けながら産後を迎えました。授乳期も終わりホルモンバランスが戻ったかの様に思っていましたがシミは変わらずに両頬に存在しています。

濃くはなっていないので今は普通に化粧水、乳液のみのお手入れです。少し育児に余裕が持てる様になったらまた、アンチエイジングかホワイトニングのラインで基礎化粧品を探したいと思っています。

とりあえずカバー力のある化粧下地にリキッドファンデーション、パウダーをのっけて今はカバーできています。

気になってくればコンシーラーなどの購入も考えていますが、もう少し基礎化粧品で悪あがきを頑張ってみたいと思っています。

歳とともに濃くなってきた顔のシミ

私は現在48歳ですが、この数年で元々あった顔のシミやそばかすが濃く気になってきました。

目の横に直径1センチほどのシミがあり、鼻周辺にそばかすもあります。

以前はコンシーラーを少しつけるとすぐにカバーできたのに、今は念入りに重ね塗りで付けないとカバーできなくなってきたのです。

とても気になるので、シミに効果があるという商品を試してみようといろいろ調べてみました。

シミを「消す」というクリームや商品は、強力過ぎるような気がして不安だったので、簡単に使えそうで手に入りやすかったシミ対策の美容液を試してみることにしました。

使い始めたのはビタミンcが多く含まれているというチューブ入りのもので、洗顔と化粧水のあと塗り込むように使いました。

特に寝る前はたっぷりつけて寝るようにしましたが、液の特徴なのか肌に浸み込みづらいため、少しずつ何度か塗り込むようにしていました。

いま、使って3か月ほどですが、多少薄くなったような気もするけれど効果ははっきりしないので、別の商品を試してみようかと考えています。

もし、それでもあまり効果が無かったら、皮膚科でもレーザーでシミを消してくれたり効果の高い薬を処方してくれるという話を友人に聞いたので、一度受診してみようかとも思っています。