馬油クリームでシミを馴染ませています。

普段、何も考えず洗顔して、小ぎれいにしていたつもりでしたが、40歳を越えた頃に人に言われてシミというものを気になるようになりました。

飲み会の席で、顔が若いということを言われていた私はよく「いくつに見える?」と初対面の人に回答を求められることが多かったのです。

30代までは、これをやると20代に見られ、年を言うと「え?!」と言われていたのですが、40代になると「こっちから見るとイマイチで、こっちから見るといくつに見える?」と言われるようになりました。

イマイチの方向とは、シミの目立つ方だったのです。仕事が多忙な為、顔の手入れを考える、実行に踏み切ることが出来ないでいましたが、夜勤の際にシミ消しについてネットで調べました。

シミ消しのレーザー治療は多忙な為、無理。自宅で出来る方法はないかと、シミ消しクリームにたどり着きました。

即効性のある物は、ほとんどなく地道にやっていかないと効果がないようでしたが、IKKOさんのオススメの馬油クリームを塗って、シミを肌に馴染ませる方法がベストな方法に思えたので、実行に踏み切りました。

ドラッグストアで馬油クリームは500円程度で売っているリーズナブルさも背中を押しました。

顔や首に満遍なく、風呂上がりに塗り、朝の洗顔までそのままでいます。1年ほどやっていますが、肌のしっとり感はあります。

シミは消えていませんが、一番ひどい時より目立たなくなったと思います。継続してやっていけば、もう少し改善できると信じて毎日塗っています。