シミ対策は気長にコツコツと。

社会人になるまで、ずっと夏は真っ黒に日焼けしていました。

通学や部活もそうですが、遊びでもどんな遠い所までも自転車で出かけていたもので、みんなに「目玉だけが白くて怖い」とまで言われていたくらい日焼けしていました。

20代では、さすがにそこまでの日焼けはしませんでしたが、そもそもお肌の手入れに無頓着で、たいしたケアもせず30代に突入。

30過ぎた辺りから、急にシミそばかすが浮き上がってきて、愕然!

特にニキビ跡の部分が特に濃くなり始めて、薄いファンデーションでは隠し切れないようになりました。

それから、こうしてはいられないと、遅ればせながら、紫外線対策を開始。

外出時は帽子や日傘を使用。美白美容液も使い始めました。

美白美容液を使用していくと、全体的には肌が明るくなってきたような気はしましたが、濃いシミはなかなか消えませんでした。

気になり始めると、その部分がいつも気になってしまって、外出するのも気が滅入ってくるようになったりもしました。

そこで、シミを根本からなくすお手入れもしつつ、コンシーラーやファンデーションを駆使して、シミを隠す方法も研究しました。

各社のコンシーラーなどを使い比べ、自分にあったメイク用品が見つかると、随分と気持ちが楽になって、日々の気分も明るさを取り戻せた気がします。

やはり、女性にとって肌の悩みは大きいですね。

今は、美白美容液を丁寧に塗り込んんで、気長に手入れしています。

化粧品も大事ですが、顔の血流によってシミの見え方が変わってくることも気づいたので、まずは健康を保つように、冷えや睡眠、運動などにも気を使っています。

あと、部屋のカーテンも大事です。寝ている時は素顔なので、朝の日差しが顔にかかるようだとNGです。

意外と、家の中にいて、ノーメイク時に紫外線を浴びる機会も多いので気をつけて。

一気にシミが消えることはありませんが、気づいたら薄くなっていたりする部分もあるので、諦めないでこれからもコツコツお手入れしていきたいと思っています。